諏訪神社〜夕やけだんだん2017年06月24日 19時16分54秒


夕暮れに思想家は
商店街の賑わいに身を任す
夕暮れに思想家は
湯気の立つ台所の窓を過ぎ
緩やかな段々を降りていく

規格された街路の上で
誰一人知った顔のない群衆の中で
孤独に強く心を定めよと
思想家は詩を編む

「ぼくの孤独はほとんど極限に耐えられる
ぼくの肉体はほとんど苛酷に耐えられる
ぼくがたおれたらひとつの直接性がたおれる
もたれあうことをきらった反抗がたおれる」
(「ちいさな群への挨拶」吉本孝明)

科学技術を舐めてはいけないと
反原発主義者を批判した思想家
だけどそんな科学技術に
人はついていけてない
理論を現実化する工学や施工技術が
理論についていけてない
津波の到達高さの想定をするのは人の頭で
圧力容器や配管の溶接をするのは
原子力発電所の建設現場で
フランジのボルトを一個一個締めるのは
人の手なのだ

科学技術が社会に及ぼす影響を
誰が一体考えているのだろう
人工知能がそう遠くないうちに
人の知能を超えて物を考え出すそうだ
そうなると人にはその後
もう何が起こるのか誰にも
予測不可能な世界が始まるのだそうだ
なあ
俺たちは一体
何がしたかったんだっけ?

思想家はもういない
その最後に
ひきこもれ
ひとりになって思考せよと
語った言葉は
薄皮で繋がることに疲弊した僕等に
重く深く突き刺さる

建御名方神タケミナカタノカミ
長野の山奥へ逃げ込んだ
ひきこもりの神
独自の個性は強さとなって
太田道灌の城の防衛の要となる

思想家はもういない
難解な言葉を必死で駆使した時代は過ぎ
東大を出たエリート女がハゲだの死ねだのと
糞のような言葉を吐く時代
それでも次々と偉そうに
摩耶化しを垂れ流す奴等が後を絶たない
新たな擬制は生まれ
その終焉はまだ先なのか

思想家が歩いたという
夕やけだんだんを降りる
商店街は祭りのような賑わい
真昼間から店先でビールなんて飲んで
みんな楽しそうだな
それがほんとうのことだよと
思想家は言っていたに違いない

諏訪神社

諏訪神社

諏訪神社

諏訪神社
東京都荒川区西日暮里3-4-8

亀戸香取神社2017年06月04日 22時21分12秒


ふつ ふつ ふつ
鋭利な刃先が彼奴の肉を削ぐ
ふつ ふつ ふつ
神の宿る剣
肉を断つ音

まだこのような平らな台地はそこになく
幾つもの小さな島が海の上に顔を出し
魚やら水藻やら
人はそこに糧を見つけ
日々を暮らす
とはいえ
そのような長閑な風景だけではない
すでにクニの支配構造は始まっている

支配者はいつも西からやってくる
最初に来たのは誰だ
亀戸香取神社の由緒によれば
藤原鎌足がここに神社を置いたのだそうだ
本当のところは誰にも解らないが
その頃すでに遠く大和朝廷の
支配が及んでいたということは言える

政治色のある神社が置かれるくらいだから
何らかの重要な拠点が
ここにはあったのかもしれない
このエリアの海運のボスとその集団
漁民であり時に兵力となるなど
きっとその始まりは
大和朝廷をさらに遡るだろう

祭神である経津主神フツヌシノカミは
藤原氏の祖神ということになっているが
その名前から
物部氏の匂いがする
フツは刃物を表すそうだ
そこら辺の話は
下総国の香取神宮で
いつか読み解きたいと思う

今や何故かこの神社は
スポーツ振興の神様になっている
吉田沙保里さんなど
有名アスリートが訪れているらしい
この日も色鮮やかな市民ランナー達や
サッカー少年達で
境内は賑わう
かつては亀戸三業地で賑わったことなど
誰も言わないし知りたくもない
ひっそりと
あの第六天が末社で鎮座するのを
誰も振り返らない

亀戸香取神社

亀戸香取神社

亀戸香取神社
東京都江東区亀戸3-57-22

亀戸香取神社

稲足神社(境内末社)
祭神 面足神 惶根神 金山毘古神 宇賀御魂神

秋葉神社〜原色の街2017年05月28日 18時58分14秒


日没が軒を焼き始める頃
細長く開いた路地の入り口から
どろりと色が溢れ出した

揺れるネオン
唇と爪
見たこともない赤が目を焼く

ピンクの布がひらひらと垂れ
柱の碧いタイルは宝石のように輝く
此処では女の肌だけが
無限に白い

空襲で被災した玉の井遊郭の
数件の業者が場所を変え
開業したのが鳩の街の始まり

敗戦後は性欲逞しいアメリカ兵のための
慰安施設として営業していたが
やたらと性病に罹ったらしく
OFF LIMITSの紙が貼られる

何もかも失っちまった日本人は
性病なんて屁でもねえと
言ったかどうかはわからないがその後
昭和33年までわずか10年ほど
日本人向けの赤線として毎夜
狭い路地を原色の炎で焼いた

今日と同じ明日が来ると
皆んなが皆信じているが
戦争ってえのは
一晩で人間の境遇を
ガラリと変えちまうものらしい
爆弾に当たって死んじまうのは勿論
会社も工場も灰になるし
親の金でいくらでも遊べたお嬢さんが
売春婦になったりする
そんな戦争を
なんだかやりたがってる風潮があるな
70年かけて腑抜けになった僕ら日本人には
どうせ無理な話だよ

鳩の街商店街の入り口から
水戸街道を渡ったところに
秋葉神社がある

己れの燃え上がる躰で
母親の産道を焼き膣を焼き
死に至らしめた火の神
腑抜けた日本人の姿に
きっとこう言うだろう

原色の炎を燃やすパワーすら無いくせに
巨大な不幸を
再び繰り返すつもりなのか

秋葉神社

秋葉神社

秋葉神社

秋葉神社
東京都墨田区向島4-9-13

葛木二上神社2017年05月21日 20時38分52秒


中大兄皇子と大海人皇子は兄弟である
兄貴が天皇の御前で蘇我入鹿を殺す場面を
弟はどのように見ただろう

兄貴が天皇となり
兄貴の娘たちを次々と妃に迎えた時
弟は何を思っただろう

兄貴の世は終わりを迎え
弟は挙兵する
兄貴が皇位を継がせたかった
兄貴の息子の大友皇子を
自殺にまで追い込んだ

天武天皇つまり大海人の息子
大津皇子と草壁皇子は腹違いの兄弟である
母親はともに天智天皇つまり中大兄の娘
姉妹である
姉の大田皇女が大津皇子の母親
妹の鸕野讚良皇女が草壁皇子の母親

姉は夫の即位前に死んでしまった
大津皇子はこの時5歳
妹は何を思ったろう
将来自ら女帝となるこの妹
この時何を思ったろう

天武天皇が崩御
殯も終わらぬその最中
大津皇子が謀反の疑いで捕らえられた
翌日自邸にて自殺
24歳であった

大津皇子は優れていた
人望厚く
誰もが次の皇位にと
口には出さずとも
思っていた

妹は息子を皇位にと強く願っていた
姉の息子の優秀さを横目で睨んでいた
姉の息子亡き後
彼女は狂喜したに違いない
だがその願いむなしく
息子草壁皇子は3年後に死んでしまう

思い当たることでもあったのか
息子の死は怨霊の仕業であると
一旦葬られた大津皇子の遺体を
二上山の山頂に改めて葬る
そこにはあの
大和の地を最初に治めた
ニギハヤヒとその息子が
名前を変えて祀られている

古代の天皇家は
入り組んだ近親婚の連続で
近親故の怨恨なのか
奇怪な歴史が幾重にも刻まれる
権力欲と兄弟姉妹の確執
現代においても
皇位継承の議論は囂しい

そんな中
皇女と海の王子の物語は
誰かの欲や確執とは無縁の
21世紀のお伽噺に
なってほしいものだ

葛木二上神社

葛木二上神社

葛木二上神社

葛木二上神社
奈良県葛城市加守 二上山雄岳山頂
主祭神 豊布都魂神 大国魂神

竜宮神社〜小樽のひとよ2017年05月14日 18時18分14秒


昨日まで正しいと信じていたことが
どうやら崩れ去ってしまったらしい
お前は間違っていたのだと
したり顔で奴等は言う

明治政府が札幌に開拓使を置いたのが明治2年
札幌からほど近い小樽が
石炭の積み出しや物資の中継港の街として
僅かな間に爆発的に発展する

東京大阪に次ぐ国内3番目の鉄道が敷かれ
日本銀行を始めとする金融機関が林立
船舶会社や商社が次々と進出してくる
金が集まり
物が集まり
続々と人が流入する

昔の日本人は
人が集まるところには遊郭を作らなきゃね
とすぐに考えたらしい
北郭と南郭と呼ばれた2カ所に
大規模な遊郭があった

幼い頃に
私はその南郭跡地で育った
もちろん遊郭の経営などは戦前の話で
戦争でも消失しなかった建物が
一般市民の住居として機能していた

中庭と回廊のある木造二階建ての建築
大仰な石垣と異常な幅を有する道路
仲之町や弁天町といった消された町名
明らかに吉原遊郭を模した区画
嘗ては水道山の金比羅大権現まで
本物の花魁道中が行われたという
その入り口には大門が在ったのだろう
大門湯という銭湯がまだ当時在った

戦地においても
遊郭を作らなきゃねという感覚は
当たり前だったのさ
不細工な銅像が取り沙汰されてるが
それが事の総てであるなんて思っちゃあいけない

箱館戦争の科で投獄されていた榎本武揚
釈放後は北海道の開拓使として活躍する
榎本は現在の小樽駅周辺の土地20万坪を
払下げにより取得している

この土地は
アイヌの聖地であった
祭祀が行われた土地
アイヌの神は
クマの格好で現れる
クマを殺した後は必ず
感謝を捧げ
祭祀を行い
クマから抜け出た神に機嫌よく帰っていただき
その肉を食い
毛皮を利用する

恐らくはアイヌの祖先の墓でもあっただろうか
この小高い丘の上に
榎本は神社を築く
祭神は桓武天皇
平安京を築いた天皇だ
東北の蝦夷制圧に最注力した天皇が
アイヌの聖地の上に置かれている

この竜宮神社のお祭りは賑やかだった
周辺の通りにはびっしりと屋台が立ち並ぶ
成人向け映画館なんかがあったこの辺は
子供の私にはお祭りの日以外は
禁忌の場所に思えていた

ほんの僅かな間に
怒涛の発展と急激な衰退を遂げたこの街
意図せず残された歴史的建造物に
内外から観光客が集まる
ガイド本なんかに煽られて
寿司やら蟹ばっか食ってたって
自らの正しさを信じて生きていた
人々の思いには気づけやしない

竜宮神社

竜宮神社

竜宮神社

竜宮神社
北海道小樽市稲穂3-22-11