秋葉神社〜原色の街2017年05月28日 18時58分14秒


日没が軒を焼き始める頃
細長く開いた路地の入り口から
どろりと色が溢れ出した

揺れるネオン
唇と爪
見たこともない赤が目を焼く

ピンクの布がひらひらと垂れ
柱の碧いタイルは宝石のように輝く
此処では女の肌だけが
無限に白い

空襲で被災した玉の井遊郭の
数件の業者が場所を変え
開業したのが鳩の街の始まり

敗戦後は性欲逞しいアメリカ兵のための
慰安施設として営業していたが
やたらと性病に罹ったらしく
OFF LIMITSの紙が貼られる

何もかも失っちまった日本人は
性病なんて屁でもねえと
言ったかどうかはわからないがその後
昭和33年までわずか10年ほど
日本人向けの赤線として毎夜
狭い路地を原色の炎で焼いた

今日と同じ明日が来ると
皆んなが皆信じているが
戦争ってえのは
一晩で人間の境遇を
ガラリと変えちまうものらしい
爆弾に当たって死んじまうのは勿論
会社も工場も灰になるし
親の金でいくらでも遊べたお嬢さんが
売春婦になったりする
そんな戦争を
なんだかやりたがってる風潮があるな
70年かけて腑抜けになった僕ら日本人には
どうせ無理な話だよ

鳩の街商店街の入り口から
水戸街道を渡ったところに
秋葉神社がある

己れの燃え上がる躰で
母親の産道を焼き膣を焼き
死に至らしめた火の神
腑抜けた日本人の姿に
きっとこう言うだろう

原色の炎を燃やすパワーすら無いくせに
巨大な不幸を
再び繰り返すつもりなのか

秋葉神社

秋葉神社

秋葉神社

秋葉神社
東京都墨田区向島4-9-13

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://dandyhandsomeboy.asablo.jp/blog/2017/05/28/8577896/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。